AGA 効果

AGAの治療は老化による薄毛よりも効果が出やすい?

AGAは男性ホルモンや遺伝などの影響で、頭頂部や前髪の生え際などから薄毛が進行してしまうものです。今までは「薄毛=老化現象の一種」として考えられてきたものですが、最近では若い20代や30代の方でも発症するAGAの存在から薄毛に対する考え方は変わってきました。

 

hatsumou_boy2

ところで、AGAの原因である男性ホルモンや遺伝による影響に逆らって、髪の毛をフサフサにすることは難しいと思っている方は多いのではないでしょうか。でも、最近は「AGAはお医者さんに相談だ!」と言うくらいに、色々な治療法が充実していますよね。医薬品の力で、男性ホルモンや遺伝による影響を抑えることが出来るのです。ちなみに、男性ホルモンや遺伝は、元々の体質だと思って諦めてしまう方もいるでしょう。もちろん、諦めてしまうと、薄毛はどんどん進行するばかりでフサフサになることはありません。「男性ホルモンや遺伝は、あくまでも体質にすぎない。」と考え方を変えましょう。つまり、生活習慣や食生活を改善すれば、男性ホルモンや遺伝の影響を受けにくくするよう努力することも可能なのです。親から譲り受けた体質があるのであれば、親と同じような生活習慣や食生活をしていては当然薄毛になることは間違いないでしょう。

 

クリニックでAGAの治療を受ける場合には、単に医薬品を使用するだけではなく生活習慣や食生活に関するアドバイスを医師から受けることも多いようです。確かに、今まで家族ともども当たり前のように送ってきた生活は、第三者から指摘が無い限りは正しいと思い込んで今後も続けてしまう可能性はありますよね。正しい治療法さえ実践していれば、AGAの治療効果は老化現象による薄毛よりも大きく出やすいと言われています。年齢が上がっていくに従って、今まで積み重ねてきた悪い生活習慣や食生活の年数も多くなっていきますよね。若ければ若いほど、年配の方よりも悪い生活を送ってきた年数も少ないですし細胞の機能も活発なはずです。若くして薄毛に悩んでいる方も、希望を持って治療に臨みましょう。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai