びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性特有の脱毛症

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性特有の脱毛症で、髪の毛の一部だけではなく全体的にボリューム感が無くなってしまうものです。

髪の毛自体も細くてコシが無いのです。
最近では、女性の社会進出から薄毛に悩む女性も増えていますよね。
女性向けの育毛剤も、以前と比べると増えています。
ちなみに、びまん性脱毛症を発症するのは、40代以上の女性に多いようです。
加齢とともに女性ホルモンが減少することが、びまん性脱毛症の原因として考えられます。
閉経後の更年期障害の症状として、びまん性脱毛症を発症してしまう方も多いです。
ただ、最近は「若年性更年期障害」と言うように若い方の更年期障害もあるのですが、若い方がびまん性脱毛症を発症するケースも増えています。
若い方に多いことと言えば、生活習慣や食生活の乱れ、社会的なストレスなどが考えられますよね。
夜更かし、ダイエット、偏食など、思い当たる点はありませんか。
ヘアカラーやパーマなどで頭皮や髪の毛を酷使してしまうことも考えられます。
びまん性脱毛症の症状が気になっている間は、規則正しい生活を心掛けると同時に、ヘアアレンジも控えめにすることをお勧めします。
また、びまん性脱毛症はホルモンバランスが大きく影響しているので、生理のある女性でも十分に気を付ける必要があります。
生理が始まってから排卵までの間は、エストロゲンのお陰で頭皮環境が保ちやすいです。
でも、排卵日から生理スタート日にかけては、黄体ホルモンの分泌が多くホルモンバランスを崩しやすい時期です。
この時期にいかにリラックスして過ごせるかが、頭皮環境に関わってきます。
無理なダイエットをしないこと、睡眠時間を十分に取ることは基本的なことですね。

この時期に無理をしてしまうと、毎月の積み重ねでいつかは頭皮に大きな影響が及んでしまいます。
会社によっては生理休暇のあるところもあるので、こういう休暇も有効に活用して少しでも体を楽にできると良いですよね。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai