植毛 デメリット

育毛・増毛・植毛は違う?

植毛,デメリット

育毛と増毛と植毛は、ネットで同じようなキーワードを入れると関連サイトが出てきそうですよね。だからこそ、どれも同じようなものだと考えてしまう方も少なくありません。でも、育毛も増毛も植毛も、決して同じものではありません。この違いを理解せずに専門サロンを訪問してしまうと、説明を聞いた時に「なんか違うぞ。」と言うことになってしまう危険性があります。誤った認識は時には時間を無駄にしてしまうこともあるので、この機会に3つの言葉の違いを正しく理解しましょう。

 

まずは、育毛は特に髪の毛を増やしたりとか植えこんだりとかはせずに、今現在生えている髪の毛を丈夫なものに育てると言うものです。抜け毛が増えると言うことは、髪の毛が不健康と言うことです。1つ1つの髪の毛を細いものから太いものに変えるだけでも、髪のボリューム感はだいぶ変わってきます。「髪の毛のボリュームを増やしたい。」と望んでいる方にとっては、もっとも自然な方法で薄毛の改善を目指すことが出来ます。増毛や植毛にありがちな重い感じはなく、当然違和感もありません。

 

それから、増毛は1本1本の自分の髪の毛に、複数の人口毛を結びつけて髪の毛を増やすことです。もっとも見た目を早く改善することが出来て、痛い想いをしなくて済む薄毛の改善法です。植毛は自毛や人口毛を頭皮に植え付けるもので、自毛の場合には側頭部や後頭部のような髪の毛の多い部分から頭皮ごと薄毛の部分に移植します。メスを使用する痛み、手術後の傷などはありますが、手っ取り早く自分の頭皮から髪の毛を生やすことが出来ます。ただ、人口毛を植毛する場合には、人口毛を異物だと認識してアレルギー反応を起こしてしまうこともあるようですね。

 

このように1つ1つの薄毛改善法を見てみると、髪の毛のボリュームの増やし方が全然違いますよね。いずれの方法にもメリット、デメリットがあるので、特に頭皮を傷付ける植毛のような方法はカウンセリングで十分な説明を受けて慎重な判断が必要ですね。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai