発毛剤

医薬品である発毛剤は危険?

育毛剤、養毛剤、発毛剤の中でもっとも大きな育毛効果が期待できるのは、やはり医薬品である発毛剤です。発毛剤は今ある髪の毛を成長させる育毛と言うだけではなく、新しい髪の毛を生やす発毛効果も期待できます。もちろん、医薬部外品でもいかにも発毛が期待できそうな育毛剤もありますが、あくまでも医薬部外品の効果は緩やかなものです。

 

doctor

育毛用品を購入する際には、まずはパッケージに何と書かれているかを確認することが大切です。化粧品と書かれているのか、医薬部外品と書かれているのか、医薬品と書かれているのかをチェックしましょう。パッケージをチェックすれば、どんなに効果が分かりにくいものでも一目瞭然です。ちなみに、医薬品や医薬部外品は必ず表記しなければいけないのですが、化粧品に関しては表記する義務はありません。なので、何も記載がないこともあります。記載がなければ、化粧品と判断することが出来ます。ただ、医薬品の場合は、医師や薬剤師などの専門家による処方が必要です。と言うのは、医薬品による作用は、それだけ大きいと言うことなのです。

 

大きな効果が実感できることはメリットと言えますが、気を付けなければならないのが効果の分だけ大きなリスクが付いてくると言うことです。ところで、最近は日本では医師や薬剤師に処方してもらわなければならない医薬品でも、海外からの個人輸入で手に入れることが出来ますよね。高価な医薬品の場合には、ジェネリック医薬品を個人輸入で取り寄せることも出来てしまうのです。でも、医師や薬剤師の処方無く作用の強い医薬品を手に入れるのは、とてもリスクが高いです。正規品を送ってきてくれると言う保証もないですし、危険な成分が含まれているものが送られてくる可能性もあります。正規品であっても、自分の判断で医薬品を利用する訳なので、医薬品が自分に合わないことも十分に考えられます。医薬品に医師や薬剤師の処方が必要なのは、安全性を考えて決められていることなので、安全に育毛対策を行うならやはり薬事法のルールには従っておくべきです。

20代の若い方は発毛剤のリスクを考えると、まずは先に育毛剤をトライしてみることをお勧めいたします!

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai