育毛剤 塩化カルプロニウム

育毛剤によく使用される塩化カルプロニウムについて

育毛剤,塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムは、育毛剤に使用される歴史が比較的長い成分です。

40年ほど前に、第一製薬が「カロヤン」と言う塩化カルプロニウムを配合した育毛剤を初めて販売したようですね。
この育毛剤の塩化カルプロニウムの含有率は、2%です。
最近では、血管を拡張して血行を良くする効果から、色々な育毛剤に使用されている成分です。
皮膚科でも「フロジン液」と言う名前で、塩化カルプロニウムを抜け毛の治療に使用されることがあります。
フロジン液の塩化カルプロニウムの含有率は、5%です。
塩化カルプロニウムは、元々は胃腸薬や胃下垂の治療薬として使われていました。
塩化カルプロニウムの含まれている育毛剤を使用するメリットと言えば、医療機関でも抜け毛の治療に使用される成分を利用することが出来ることです。
手軽に購入できる育毛剤としては、医薬部外品や化粧品の育毛剤がありますよね。
医薬部外品の育毛剤であれば、医薬品ほどの強い作用は無くても厚生労働省の認可に元に販売されています。
医薬部外品としての効果・効能は期待することが出来ます。
また、医薬部外品の育毛剤で塩化カルプロニウムを利用できる良さは、医薬品ほどの大きな副作用の危険性に悩まされることがない点です。
もちろん、100%安全と言う訳ではないのですが、医薬品だと作用が強い分の強い副作用の危険性は否めません。
ところで、塩化カルプロニウムの効果は、どの程度期待して良いものなのでしょうか。
実は、日本皮膚科学会による男性型脱毛症の治療に関する評価では、5段階のうちの3のようです。
「男性型脱毛症の治療に使用しても良いものの、十分な効果は期待できない。」と言うことになります。
今のところ、塩化カルプロニウムを使用することで報告されている副作用には、発汗、悪寒、頭皮の湿疹、かぶれなどがあります。

医薬部外品の育毛剤であれば、医薬品とは違って含有率を抑えてあるため、比較的副作用は表れにくいでしょう。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai