抜け毛 原因

ファーストフードを食べると抜け毛が多くなる?

抜け毛,原因

薄毛の男性の中には、ファーストフードを好んで食べる方も多いのではないでしょうか。ファーストフードは安い上に、待ち時間が少なくすぐに食べられると言うメリットがありますよね。でも、なぜ早く出来るのかと言うと、保存の利いてお店で簡単に調理できる加工食品としてお店に大量に配送されるからです。あとは、お店でレンジで温めるだけ、油で揚げるだけの簡単調理をして、盛り付けをしてお客さんに出せる形になっているのです。

 

加工食品として配送される以上は、きっと添加物も多く使われているのでしょうね。化学成分は体内に取り入れてから、血液によって全身に行く届きます。つまり、髪の毛の生える頭皮にも、化学成分が届くと言うことです。それから、ファーストフードにもっとも多いのは、脂肪分ですよね。「脂っこい食品の摂りすぎは薄毛になる。」なんて言うことをよく聞きますよね。脂っこいものの何が行けないのかと言うと、脂っこいものが皮脂の原料になってしまうことです。皮脂は私たちの頭皮に必要なものではあるのですが、あまりに過剰に分泌されるのも頭皮環境を悪化させる原因になるのです。余分な皮脂が頭皮の毛穴に詰まって、髪の毛の出てくる入口を塞いでしまったり、毛穴に皮脂を好む雑菌を繁殖させてしまうのです。ちなみに、この雑菌も頭皮を守るために元々頭皮に住みついているもので、過剰な皮脂の分泌で大量に増殖してしまうことに問題が生じてくるのです。

 

雑菌が繁殖すると、頭皮に炎症を引き起こし髪の毛を生成する細胞にダメージを与えてしまいます。もちろん、ダメージを受けた細胞は、健康で丈夫な髪の毛を生成することは出来ません。髪の毛が生成されても、か弱くてすぐに抜け毛になってしまうような毛でしょうね。ファーストフードを食べるのが癖になっている方は、今後は髪の毛のためにも少しでも量を控えるようにしたいものですね。アルコールに休肝日があるように、ファーストフードには食べない週を作るなどしてみると良いかも知れませんね。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai