つむじ はげ

つむじはげはAGAの代表的な症状

つむじ,はげ

つむじはげはAGAの代表的な症状の1つですが、実は老化による薄毛でもつむじはげになることがあります。一般的には、20代から30代の男性ホルモンが安定した時期ではAGA、40代以降の体の衰えを感じる時期では老化による薄毛が考えられます。いずれにしても、つむじはげの細かい原因は、頭皮の血行不良にあるのでは無いかと言われています。

 

そもそも、「はげに血行不良が問題になるのはなぜ?」なんて思う方も多いでしょう。血行不良なら、頭皮や髪の毛に関係無く他の部分にもその影響が出てきそうに感じるかも知れません。確かに、その通りですね。でも、実は頭皮や髪の毛のような末端は、体の中でも手足と同じように血行不良に陥りやすくもっとも影響が出やすい場所なのです。「手足の冷えに悩んでいる。」と言う方は、手足の血行不良が考えられます。こんな方に多いのが、頭も冷えている状態です。実際に耳を触ってみると、冷たく感じることはありませんか。耳が冷えていると言うことは、耳に近い頭皮の血行も良くない可能性があります。血液は私たちが体内に取り入れた栄養や酸素を体の各部に運んでくれる、重要な役割を果たしているものです。なので、体のどこかで血行不良が起こると言うことは、その部分に十分な栄養や酸素が届いていないと言うことです。もし血行不良をそのまま放置しておけば、その部分の細胞は栄養不足、酸素不足に陥って正常に機能しなくなります。つまり、つむじはげは、頭皮でこのような状態が起こっていると言うことです。

 

つむじはげに気付いたら、まずは血行を良くすることを対策として考えてみるのが良いでしょう。血行を良くする対策は睡眠時間や食生活に気を付けたり、頭皮マッサージを行ったり、適度な運動を心掛けたりなど色々な方法がありますよね。わざわざ新しいことを始めようと考えなくても、今までの悪い習慣を改善するだけでも、何ヶ月後かに十分な効果が期待できるはずです。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai