つむじ 薄毛

つむじの薄毛の対策

つむじ,薄毛

B型の方は、全ての血液型の中で3番目に薄毛になりやすい血液型のようです。ただ、薄毛になりにくいからと言って油断は禁物です。あくまでも血液型では薄毛になりにくい傾向にあるだけで、男性ホルモンや遺伝、老化の影響を受ける可能性はどんな方にもあるからです。

 

もしB型の方が薄毛になった場合には、M字とつむじの複合型の薄毛になりやすいと言われています。

 

B型の方の性格は、マイペースでユーモアのある方が多いですよね。芸能人だと、明石家さんまさんがB型ですよね。吉本の芸人さんにはB型の方が多い気がします。自分のペースを乱されると、時にはイライラしてしまうこともあるかも知れません。こんな時は、ストレスによる薄毛が心配ですね。

 

ストレスは血管を収縮させて血行を悪くして、頭皮に必要な栄養や酸素を供給しにくくなってしまいます。どうしてもと言う場合には周りのペースに合わせなければいけませんが、そうでない限りはストレスを溜めてまで自分のペースを乱す必要はありません。それから、B型の薄毛に多い複合型は、男性ホルモンの影響を受けやすい前髪の生え際、血行の影響を受けやすいつむじから脱毛症状が進行してしまうと言うことです。生え際が薄毛になりやすいと言うことは、脱毛を促進する男性ホルモンが生成されやすい体質を親から受け継ぐと、自分の頭にも現れやすいと言うことです。さらに、つむじが薄毛になりやすいと言うことは、生活習慣や食生活、ストレスなどの影響で血行が悪くなる心配も考えられます。

 

また、B型の方は、初期症状ではなく本格的に不味いと感じてから慌てだす方が多い傾向にあります。薄毛に関しても、かなり症状が酷くなってから慌てて対策する方が多いようです。でも、薄毛はあまりに症状が進行してしまってからの対策では、改善に期間がかかったり改善が難しくなってしまう危険性があります。将来的な薄毛が心配な方は、毎日とまで行かなくても定期的に髪をチェックして、もし初期症状を感じたら早めに対策を行うのが良いでしょう。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai