薄毛対策

医薬品育毛剤

薄毛対策

薄毛が気になり始めた時の薄毛対策として多くの方が興味を持つのが、医薬品育毛剤ですよね。医薬品育毛剤として、脱毛症状の原因となる男性ホルモンを抑えるプロペシア、血行を促進するミノキシジルはとても有名ですよね。元々病気の治療薬として使われてきた医薬品なだけに強い作用で、いかにも確実性の高い効果が実感できそうな感じがしますよね。ただ、医薬品育毛剤は、決してメリットばかりではありません。作用が強いからこそ、副作用のリスクも高いのです。なので、どんなに薄毛を改善したくても、安易に使用しない方が良いものです。もし使用するとしたら自己判断で個人輸入で医薬品育毛剤を手に入れるのではなく、必ず医師の診察を受けて処方してもらいましょう。

 

ちなみに、個人輸入によるトラブルは多いのですが、個人輸入は自己判断なので当然公的機関による救済措置の対象にはならないのです。公的機関による救済措置の対象となるのは、医師の処方による医薬品育毛剤のみです。個人輸入の良さは安くて手軽な点にあるものの、さすがにリスクを冒してまで個人輸入を利用するメリットはあまりないでしょう。また、育毛剤には医薬品以外に、医薬品よりも緩やかな効果の期待できる医薬部外品育毛剤もあります。医薬部外品育毛剤は、もっと効果の緩やかな化粧品に比べると大きな効果が期待できます。厚生労働省に効果を認められた成分を使用しているので、医薬部外品育毛剤でも十分な効果が実感できる方も多いようです。医薬部外品育毛剤は薬局でも通販でも簡単に手に入ること、値段が医薬品育毛剤よりもお手頃な点も人気のポイントのようですね。

 

作用は強くてもリスクの高い医薬品育毛剤、作用は緩やかでもリスクの少ない医薬部外品育毛剤、安全性で考えると医薬部外品育毛剤がお勧めです。どうしても効果を優先したいと言う方でも、まずは医薬部外品育毛剤を使用してから、必要に応じて医薬品育毛剤を使用するのでも遅くないのではないでしょうか。

 

20代の育毛剤の決定版はこちら↓20代良く効く育毛剤ランキングをチェックしてみましょう!

ikumouzai